地デジアンテナを付ければ楽しみが増える!

  1. ホーム
  2. 地上デジタル放送の受信

地上デジタル放送の受信

アンテナ

屋根の上の確認を

これまで、ケーブルテレビで地上デジタル放送を視聴してきた方が、一般的なテレビに乗り換えようと考える場合もあるでしょう。そのときには地上デジタル放送に対応したチューナーが必要になりますが(ほとんどの場合、テレビ自体に内蔵されています)、その他にもアンテナも必須となります。自宅の屋根の上にアンテナが取り付けられていなければ、地上デジタル放送を受信することができないのがケーブルテレビとの大きな違いといえるでしょう。もしも、屋根を見てもアンテナが存在しないというのなら、取り付けのための工事が必要となります。ただし、屋根に上っての作業はいくつもの落下事故が報道されていますので、業者に頼んだほうが無難でしょう。

デジタル対応の確認を

屋根の上を見てきちんとアンテナが取り付けられていることを確認したので、後はテレビを購入すれば大丈夫だと考える方もいるはずです。しかし、アンテナには地上デジタル放送が見ることができない、アナログしか対応しないものが存在していますので注意しましょう。現在ではアナログの放送は終わっているため、その場合はテレビを購入しても映ることはないからです。取り付けられているアンテナの地上デジタル放送対応の有無は業者の方に確認してもらえば一発で分かります。テレビを購入して映るか映らないかの賭けにでるのも良いですが、立派なものを購入したのに見られないというはストレスになりますので、最初に確認してもらうことを推奨します。